一眼レフカメラ設定 商品撮影におけるカメラ設定

一眼レフカメラを使った商品撮影におけるカメラ設定を紹介します。
カメラはMモード(マニュアル設定)にします。

まずF値設定F11~F13にします。こちらの値を大きくすることにより被写体全体にピントが合った写真となります。

次にISO感度設定50~200にします。こちらの値を大きくすると画像のノイズが上がってしまいますが暗い場所では明るく撮ることができます。今回はストロボを使った撮影ですので小さい値を使います。

次にシャッタースピード設定を1/125にします。
シャッタースピードはカメラが光を取り込む時間を示しております。秒数が短いほど一瞬を切り取った撮影が出来ます。

次にストロボの出力設定をしていきます。
被写体付近に露出計を置き適正露出を探ります。ストロボから近い部分は明るく、遠くなると暗くといった感じになるかと思います。

その後、被写体の撮影に入ります。
撮影された画像をチェックしてみてストロボ出力の調整、F値、ISOの微調整を行い撮影していきます。

ストロボの対角線上にレフ板を設置して光を反射させると暗部が明るくなります。
商品撮影は奥が深く楽しいものです。色々と実験するのも良いですね。

Follow me!